続・アラサー女と医学部再受験

文系・元うつ・宅浪→編入試験に合格しました。医学生やってます。

編入か、再受験(一般入試)か

よく話題になるこれ。学士編入試験を受けるか、一般入試を受けるか。一度大学を出てから医学部に入り直そうって考える人は誰もが通る道じゃないかと思います。

私は両方挑戦して、たまたま編入で拾ってもらったという感じ(自分の手で合格をつかみとった、みたいな感覚は全くないです)で、どっちがいいかという問題には答えが出ていません。なのであくまで私の経験を通して思ったことを書きますね。

学士編入

メリット
  • お金と時間に余裕があれば国立を何校も受けられる
  • 一般入試で入るより早く医者になれる
  • センターを受けずにすむ、数学も(多くの大学で)やらなくてよい
デメリット
  • 情報が少ない(現状、実質的にKA○S一強)
  • お金がかかる
  • 「こういう人を採りたい」像がコロコロ変わってるっぽい
  • 制度自体、続くかどうか怪しい

情報が少ないっていうのの中で特に辛かったのが、過去問が手に入らない、入ったとしても解答がついていないので、どういうスタンスで解いていいかわからない、という点です。結局私はKA○Sの直前対策(過去問演習)を1校だけとって、それにを軸に勉強しました。そしたら受かりました。くやしい・・・!笑

「こういう人を採りたい」像は、うちの大学の場合、一般入試で入った人たちの雰囲気に合わせているのでは、という感じがします。これが当たってるとしたら、ほんと水物だと思う。

教養課程をスキップできるのはいいですが、再受験より早く医者になれるといっても1〜2年の差なので、何年も編入試験受け続けることになったら意味ないです。でも最初から再受験だけを考えていた場合に何年で受かってたかはわからないので比較もできない。このへんジレンマですよねー。

制度についてですが、もっと低学年のうちに専門科目を始めたいのに編入試験をやってるせいでカリキュラムを改編しにくい、編入試験を受ける人は受かればどこの大学でもいいというつもりで受けていて、どうせ卒後は地元に帰ってしまう、年齢が上がると国試に落ちやすい、等々、大学側はデメリットの方が大きいのでは?と考えている、という話を聞きます。

 

再受験

メリット
  • 情報が多い
  • お金が(編入に比べれば)かからない
デメリット
  • 1年間で受けられる校数が限られている
  • センターから受けないといけない
  • 教養課程からやりなおし(単位認定もなかなか厳しいと聞きます)

 

メリット・デメリットはそれぞれ裏返しなのですが、特にこれは、と思ったものを書いてみました。


本気出して取り組めば、学士編入も再受験も、勉強の難易度自体はそれほど変わらないような気もしています。

ですが私の場合は、学士編入はどこまで何をやったら受かるというのがはっきりしていないので不安を抱きながらの勉強になってしまって、なかなか勉強の密度をあげられませんでした。

一番足引っ張ってたのはこのメンタルの部分だったと思います。

編入試験を受けるにあたって、文系、学部卒、空白期間あり、という経歴も大きな不安要素だったのですが、KA○Sのチューターさんに「研究系の大学以外は経歴はそれほど関係ない。頑張ればいけると思う」って言ってもらえたのは大きかった。

この時の話です↓

1311.hatenablog.com

経歴に自信ないから、という理由だけで編入試験を避けてる人がいるとしたら、もったいないかも、と思います。


二番目に足を引っ張っていたのは、センターがそれはそれは苦手ということ。

メンタルのこととも重なってきますが、プレッシャーに弱く、「ミスが許されない試験」が苦手です(なので国試も不安です・・・)。でも「医学部に受かろうと思ったらセンター9割とって当たり前」みたいな雰囲気あるじゃないですか。あの雰囲気がもう無理*1

その点、受かった時の編入試験は、受かるつもりなんてなく本当に軽い気持ちで受けていて、その気楽さがよかった気がしています。

余談ですが、一般入試の成績開示をしたらかなりいい線行っており、あのセンターの出来でこれなら、だいぶ二次で挽回してたんだ、とさらにセンターが憎くなりました。

ま、自分に合った試験を受けたらいいのでは、という話。

私の場合、センターが苦手、好きな科目(生物)なら自力でもまあまあ頑張れる、という感じだったので、編入向きだったのかもしれません。


他の方がこのテーマで書かれていること以上の情報はありませんが、文系、空白期間あり、(ほぼ)独学からの編入合格という、一般的にイメージされる合格者像からかなりかけ離れた像を示す程度の意味はあるんじゃないかと思って書きました。

経歴が完璧じゃなくても、勉強を頑張ったら意外と勝負できるかも*2

よく「それで受かったのすごいね」って言われるんですが、私の何かがすごいとしたら、この背景で編入試験を受けてみた度胸ではないかと思います。

再受験にもチャレンジしてたことで、理系の学問の本当に基礎の基礎の部分が満遍なく入ってた、というのもあるかもしれません(しかしこれは結果論であって、両方併行して挑戦するのはあんまりおすすめしません)。

あとは運かな。周囲の人の理解とサポートを得られた点も含めて。


今はTwitterとかでもいろいろ情報発信してくれる編入の先輩もいるので、話聞いてみるのもいいんじゃないでしょうか!

*1:実際そんなことないんですけどね。8割くらいで受かってる人も結構います。

*2:実は勉強不足で落ちてるのに、経歴のせいだ、やっぱり編入は経歴重視だ、って思ってる人もいそうだなーと思ってます。や、真相はわかりませんよ。

臨床医学(座学)、使った教科書

基礎医学、あと何が抜けてるかちょっとよくわかんないんですけど、書けるうちに臨床医学も書いておきます。臨床科目に入ると、そろそろ国試モードを感じますし(実際はその前にCBTがありますけど)、何よりやっと患者さん見えてきた〜〜って感じがします。

教科書としては、基本的に「病気がみえる」、まだ出版されていない科目は「STEP」、「レビューブック」。

好きな科目はちゃんとした教科書も買ってますが、そうでない科目は上記の最低限でやってます(このへんの教科書を使って座学の定期試験をクリアしてきただけで、臨床実習でもこれだけで通用するかはまだわかりません)。

その他イレギュラーに買った教科書などを挙げてみます。

 

イヤーノート

端的なまとめ本、書き込み用テキストとして。レビューブックもこのポジション。

国試に向けて使うやつは高学年になったらどうせ買うな、と思って、古本を買って科目ごとにバラして使ってました。1冊まるごと持ち歩くのは腰に悪い*1

救急とか麻酔科とか、教科書買うほどではないけど何か持っておきたい、って科目も入っててよい(初学者がこれを読み込めば勉強になるって本ではないですが)。

国試対策用にちゃんと使うやつは同級生やQBに合わせて買ったほうがいいと思うので、2冊買うことになるのさえ受け入れられれば、低学年のうちから使うの、ありだと思います。

皮膚科

皮膚科は専門用語の羅列で、授業聞いてても本当にちんぷんかんぷんだったので(先生ごめんなさい)、教科書書いました。

そうでない人も、皮膚科は写真命なところあるので、なんか本を持ってたほうがいいかもしれないです。

あたらしい皮膚科学

 写真が多く(その分、学校以外、人のいるところで開きにくいのですが・・・)、説明も読みやすいです。

同じ疾患に複数の名前がついてることがちょいちょいあるのですが、それらを対応させてくれてあるのもありがたい。

あたらしい皮膚科学

あたらしい皮膚科学

第3版、表紙がこのブログの背景と妙に合っているw

「まとめてみた 皮膚科」

国試の攻略本って感じの本。用語がわからないゆえのちんぷんかんぷんさ、この本でだいぶ薄らぎました。

皮膚科 (シリーズまとめてみた)

皮膚科 (シリーズまとめてみた)

 

まとめてみたシリーズは使ってる人多いです。全体像がつかめるので、1冊読んでからその分野の勉強に入ると理解しやすいとのこと。

難点は本の小ささ・薄さの割に値段が高いこと。

 

今回はこんなところで。また何か思い出したら追加します!

*1:現在、高学年になってちゃんと使うやつを買ってみたわけですが、バラしたくないけどまるごと持ち歩くのも辛い、アプリもあるけど紙版を使いたい、というジレンマに襲われています

免疫学、医学部に入ってから使った教科書

間が空いて、何の科目をまだ書いてないのかわからなくなってきました。免疫はまだ書いてないはず。


しかし、免疫学もレジュメが詳しかったのであんまり教科書使ってないです・・・。先生にすすめられた教科書は英語だったし、他の科目もあったし。

免疫学は、もし教科書を買うなら新しいやつを買ったほうがいいと思います。概念とか用語とか頻繁に変わるので、古い本で勉強するのは危険かと。
 

「病気がみえる vol.6 免疫・膠原病感染症

 テスト勉強に使った、といえるのはこれくらい。

免疫学は、インターロイキンの番号とか暗記要素もありますが、暗記よりは概念を理解するのが重要だと思うので、授業を聞いてなかったらこれだけじゃどうにもならなかったかも。独学では理解できる気がしないです。

病気がみえる 〈vol.6〉 免疫・膠原病・感染症 (Medical Disease:An Illustrated Reference)

病気がみえる 〈vol.6〉 免疫・膠原病・感染症 (Medical Disease:An Illustrated Reference)

 

 

「現代免疫物語」シリーズ(ブルーバックス

これは編入の勉強してたときに読んだやつ。テスト勉強には使ってませんが、これ読んでなかったら、もっとちんぷんかんぷんだっただろうなあと思うので挙げてみました。

現代免疫物語―花粉症や移植が教える生命の不思議 (ブルーバックス)

現代免疫物語―花粉症や移植が教える生命の不思議 (ブルーバックス)

 


「好きになる免疫学」も昔手に取りましたが、あんまり頭に内容が入ってこなくて、最後まで読めませんでした。

微生物学、医学部に入ってから使った教科書

薬理ほど重たくはないとはいえ、暗記の多い微生物学。細菌とかウイルスとかのあれやこれやを覚えます。

教科書、書こうと思って思い出してみましたけど、テスト対策に使った本ってほとんどないです・・・。授業のレジュメがすごく詳しかったので、それを整理し直す感じで大丈夫でした(教科書を読んでる余裕がなかったとも言える)。

なので、必ずしもテスト勉強に使ったわけではないですが、面白かった本を中心に何冊か挙げます。

「絵でわかる感染症

薬理のところでも挙げましたが、読み物として面白い本。

絵でわかる感染症 with もやしもん (KS絵でわかるシリーズ)

絵でわかる感染症 with もやしもん (KS絵でわかるシリーズ)

 

 

「病気がみえる vol.6 免疫・膠原病感染症

免疫の教科書としても、あると便利かなと思ったので、これは臨床科目に入る前に買いました。

ただ、微生物学では細菌・ウイルスの側から勉強するんですが(微生物としての性質)、感染症となると病気の側からの勉強(症状とか)なので、微妙に視点が違うんですよね・・・。

でも消毒薬が効く範囲とか、感染症の法律上の分類とか、あったらあったで便利かと。なくても大丈夫じゃないかなーとは思いますが。

病気がみえる 〈vol.6〉 免疫・膠原病・感染症 (Medical Disease:An Illustrated Reference)

病気がみえる 〈vol.6〉 免疫・膠原病・感染症 (Medical Disease:An Illustrated Reference)

 

 

「戸田新細菌学」

実習のレポートに使いました。ごつい。

でも面白かったです。金銭的にすごく余裕があったら買ってたかもしれない。

戸田新細菌学

戸田新細菌学

 

 

「シンプル微生物学

授業のレジュメが不親切だったら、これを買ってたと思う。大事な内容はだいたい載ってると思います。

シンプル微生物学(改訂第6版)

シンプル微生物学(改訂第6版)

 

シンプル、生化学は好きになれなかったけど、これは気に入りました。