続・アラサー女と医学部再受験

文系・元うつ・宅浪→編入試験に合格しました。医学生やってます。

「生きる」

たまの真面目な話。

うつがひどかったころ(といっても、私のは軽かったです。何年も何年も苦しまれている方もいますし)、自○のことばかり考えている時期がありました。なんとなく伏せ字。

そのころと比べたら、今こうして人並みに、少なくとも道ですれ違う人から「普通の人だ」と思ってもらえる程度に暮らすことができているということは、本当に奇跡のようです。

と、しみじみ思っていた時に、ふと谷川俊太郎さんの詩「生きる」を思い出し、深夜にぼろぼろ泣いてしまいました。

「生きているということ」で始まるやつです。

この詩、小学校の時に教えてもらったんですけど、あれから20年近く経ってこうしてふっと思い出すって、言葉の力は偉大だ。これを教えてくれた先生にも感謝。


Yahoo!知恵袋で本文を見つけたのでコピペ!

改行とか連の分け方とか、長かったので勝手に変えちゃいました。
谷川先生ごめんなさい。いつか本で確認できたらなおします。

生きる / 谷川俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと
生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと
生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ
生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまがすぎてゆくこと
生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

 

谷川俊太郎さんの詩「生きる」を貼ってください! - 生きる 谷川俊太郎生きてい... - Yahoo!知恵袋

質問の日付を見たら、これ東日本大震災の10日後なんですね・・・。

本当に、今生きてるってすごいことだよ。